メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人口動態調査

人口減、最多43万人 10年連続落ち込み 外国人16万人増

2019年住民基本台帳に基づく日本人の人口

 総務省は10日、住民基本台帳に基づく今年1月1日現在の人口動態調査を発表し、国内の日本人の人口は、前年より43万3239人少ない1億2477万6364人(0・35%減)だった。減少は10年連続で、減少幅も1968年の現行調査開始以降、5年連続で最大を更新。増加した都道府県は前年より一つ減って5都県にとどまった。外国人の人口は6・79%増と高い伸びを見せた。

 昨年1年間に生まれた日本人は92万1000人と3年連続で100万人を割り込み、79年の調査開始以降の最少を3年連続で更新した。1年間で亡くなった人数は最多の136万3564人。出生者数から死亡者数を引いた「自然増減数」は44万2564人の減少となった。自然減は12年連続で、減少数は調査開始の79年以降最大だった。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです