メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

盲学校の触る生物の授業 見つけた学びの本質=柳楽未来(東京科学環境部)

武井洋子教諭(中央)の指導を受けながら骨を触る生徒たち=東京都文京区の筑波大付属視覚特別支援学校で2018年2月1日、柳楽未来撮影

 目の不自由な生徒が通う筑波大付属視覚特別支援学校(東京都文京区)では、植物の葉や動物の骨を1年間、ひたすら触る「生物」の授業が40年以上、受け継がれている。教科書も板書もないこの授業の存在を知り、中学1年の全盲のクラス(7人)を取材した。私は先入観から、最初は「盲学校ならでは」の特色や苦労を探りたいと考えたが、実際には「学びとは何か」を考える普遍的な材料がそろっていた。

この記事は有料記事です。

残り1833文字(全文2020文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです