メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

タンカー護衛せず ホルムズ海峡など、有志連合の結成を検討

ホルムズ海峡とバブルマンデブ海峡

 米政府は、中東のホルムズ海峡とバブルマンデブ海峡で、多国籍の有志連合を結成し、安全を確保する意向を示した一方、米軍は石油タンカーの護衛は実施せず、後方支援を想定していることを明らかにした。中東の原油に依存している日本などがタンカーの護衛を行うべきだとの考えを表明しているトランプ米大統領の意向を踏まえた方針とみられる。【ワシントン古本陽荘】

 米国はエネルギーを中東の原油に依存していないため、トランプ氏は先月にホルムズ海峡付近で日本などのタ…

この記事は有料記事です。

残り1188文字(全文1409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです