連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

日韓の未来、歴史事実踏まえ=国家公務員共済組合連合会理事長・松元崇

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 韓国との対立が激しくなっている。そのような中で先月、言論NPOが主催した「日韓未来対話」が開かれた。今年で7回目だが、折からの日韓関係悪化で企業からの寄付が集まらず、今年は個人寄付を募っての開催となった。継続は力なりというが、こういう時だからこそ、その開催には大きな意味があったといえよう。私も同NPOの理事を務めていることから、公開セッションの最後を傍聴し、質問もさせてもらった。

 私から質問したのは二つ。一つ目は、セッションの中で「日韓の文化交流が重要」という話があったが、韓国のテレビで日本のドラマが放映されていない状況について何とかならないかということ。二つ目は、徴用工問題について、私がかつて社外取締役を務めていた三菱マテリアルの株主総会で「自分の父親は高島炭鉱(長崎県)で徴用工とともに働いていたが、戦後の同窓会で、韓国の元徴用工の人たちは高島炭鉱で働いていたことを誇り…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文722文字)

あわせて読みたい

注目の特集