メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望新聞

東日本大震災 被災地を描く 宮城・南三陸町 「危険情報」伝達の難しさ

曹さんが描いた南三陸町の市街地(2011年5月28日)

 東日本大震災で人口の5%近くが犠牲となった宮城県南三陸町。「震災遺構」として残すかどうかをめぐり、のちに町民だけでなく全国的な関心を集めることになる町防災対策庁舎がある市街地に、神戸市長田区の建築家、曹弘利(チョホンリ)さんら関西の建築家グループが入ったのは、震災から2カ月余りがすぎた晩春だった。

 津波で破壊された建物の残骸を撤去するボランティアとして町を訪れた曹さんは、どうしても市街地を描いておきたかったという。

 津波は当初、「高さ6メートル」と予想されていたが、市街地に到達した時には10メートルを超えていた。…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  4. 継続は力なり わかやま100年企業の挑戦 亀屋旅館 愛される旅館、いつまでも 完全復旧へ力注ぐ /和歌山

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです