メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望新聞

東日本大震災 おいでよ 福島県南相馬市 「KAON COFFEE(香音珈琲)」 コーヒーとジャズの空間

アフォガード(400円)を手に笑顔をみせる佐藤とし子さん(左)、有さん夫妻=福島県南相馬市で2019年6月28日、渡部直樹撮影

 東京電力福島第1原発事故による避難指示が大半の地域で解除された南相馬市小高区に、コーヒーの香りとジャズの穏やかな音色に満たされたカフェがある。その名も「KAON COFFEE(香音珈琲(コーヒー))」。避難先から戻った佐藤有(たもつ)さん(68)、とし子さん(66)夫妻が4月にオープンした。

 高台にある店は木をふんだんに使用。テラスに出て木製のテーブルセットに座ると、緑豊かな農村風景が広がる。コーヒーはマンデリンなど厳選した4種と、ブレンドの計5種類。アイスクリームに濃いコーヒーをかけるアフォガート(400円)と一緒に頂くのがお…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  2. 「特別定額給付金」対象外の新生児に独自支援金10万円 札幌市

  3. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸水を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  4. 「中国はWHOを支配」トランプ氏脱退表明 香港優遇も見直し、米中対立激化へ

  5. 市役所駅を「名古屋城」に? 名古屋市営地下鉄の新駅名を検討 有識者懇談会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです