メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

かんぽ生命社長、謝罪 不正契約認める 顧客に不利益、9万件超

不適切契約問題を受け記者会見するかんぽ生命保険の植平光彦社長(右)と日本郵便の横山邦男社長=東京都千代田区で2019年7月10日午後4時50分、玉城達郎撮影

 日本郵政グループのかんぽ生命保険と日本郵便は10日、保険の不正契約問題で記者会見を開いた。両社はこれまで「不適切な販売には当たらない」などとしてきたが、この日は一転して非を認めて謝罪し、「全社を挙げて信頼回復に努める」と強調した。顧客に不利益を与えた契約は計9万件以上判明。ただ、不正の全容は「調査中」と説明し、実態解明の動きは鈍い。自浄能力に大きな疑問符が付いた格好だ。

 「契約の乗り換え時に多数のお客様に不利益が生じ、保険の募集に関して信頼を損ねた。深くおわびを申し上…

この記事は有料記事です。

残り1972文字(全文2209文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです