メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

かんぽ生命社長、謝罪 不正契約認める 顧客に不利益、9万件超

不適切契約問題を受け記者会見するかんぽ生命保険の植平光彦社長(右)と日本郵便の横山邦男社長=東京都千代田区で2019年7月10日午後4時50分、玉城達郎撮影

 日本郵政グループのかんぽ生命保険と日本郵便は10日、保険の不正契約問題で記者会見を開いた。両社はこれまで「不適切な販売には当たらない」などとしてきたが、この日は一転して非を認めて謝罪し、「全社を挙げて信頼回復に努める」と強調した。顧客に不利益を与えた契約は計9万件以上判明。ただ、不正の全容は「調査中」と説明し、実態解明の動きは鈍い。自浄能力に大きな疑問符が付いた格好だ。

 「契約の乗り換え時に多数のお客様に不利益が生じ、保険の募集に関して信頼を損ねた。深くおわびを申し上げる」。かんぽ生命の植平光彦社長は記者会見の冒頭、日本郵便の横山邦男社長らとともに頭を下げた。

この記事は有料記事です。

残り1925文字(全文2209文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  2. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 社説 「桜」前夜祭の費用補塡 安倍氏の責任は免れない

  5. 雇用調整助成金 特例措置2月末まで延長 政府方針 感染拡大受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです