メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対韓輸出規制

日韓平行線 「提訴」にらみ緊張 WTO理事会

 韓国政府は9日にスイス・ジュネーブで開かれた世界貿易機関(WTO)の物品貿易理事会で、日本による半導体材料の輸出規制強化を非難し、撤回を求めた。これに対し、日本政府はWTO協定に沿った対応だと反論。両国の主張は平行線をたどった。今後は韓国がWTOへの提訴に踏み切る可能性もあり、緊張が高まっている。

 韓国の白芝娥(ペクジア)駐ジュネーブ国際機関代表部大使は規制強化について「貿易をゆがめる措置」「経済報復だ」と批判した。日本は輸出手続きが優遇される「ホワイト国」から韓国を除外する手続きも進めている。中国やインドなどは現在も対象外。欧州連合(EU)も同様の優遇措置を韓国に適用していない。伊原純一駐ジュネーブ国際機関政府代表部大使は「安全保障上の懸念から輸出管理を適切に実施するのに必要な見直しだ」と改めて主張した。

 今後の焦点は韓国が実際にWTOへの提訴に踏み切るかどうかだ。韓国は提訴に向けた手続きとなる「2国間…

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文964文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです