メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 国の賠償責任認めぬ仙台判決 原告側、法廷で批判

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、宮城県内の男女3人が国家賠償を求めた訴訟の第3回口頭弁論が10日、仙台地裁(小川理佳裁判長)であった。原告側が意見陳述し、旧法を違憲としつつも国の賠償責任を認めなかった5月の仙台地裁判決を批判。「声を上げられなかった当事者に目を向けて」と訴えた。

 意見陳述したのは、原告の70代男性。宮城県内の職業訓練施設に入所していた10代の頃に手術された。

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  2. はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還

  3. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  4. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  5. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです