メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 国の賠償責任認めぬ仙台判決 原告側、法廷で批判

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、宮城県内の男女3人が国家賠償を求めた訴訟の第3回口頭弁論が10日、仙台地裁(小川理佳裁判長)であった。原告側が意見陳述し、旧法を違憲としつつも国の賠償責任を認めなかった5月の仙台地裁判決を批判。「声を上げられなかった当事者に目を向けて」と訴えた。

 意見陳述したのは、原告の70代男性。宮城県内の職業訓練施設に入所していた10代の頃に手術された。

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  5. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです