メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 国の賠償責任認めぬ仙台判決 原告側、法廷で批判

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、宮城県内の男女3人が国家賠償を求めた訴訟の第3回口頭弁論が10日、仙台地裁(小川理佳裁判長)であった。原告側が意見陳述し、旧法を違憲としつつも国の賠償責任を認めなかった5月の仙台地裁判決を批判。「声を上げられなかった当事者に目を向けて」と訴えた。

 意見陳述したのは、原告の70代男性。宮城県内の職業訓練施設に入所していた10代の頃に手術された。

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文555文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです