メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

永井潤子さん=ドイツ社会を伝えて半世紀のジャーナリスト

ドイツの女性参政権について講演するジャーナリストの永井潤子さん=東京都渋谷区の婦選会館で2019年5月24日、川上珠実撮影

永井潤子(ながい・じゅんこ)さん(85)

 女性が参政権を行使してから、今年で100年を迎えたドイツ。節目の年にそのドイツから一時帰国し、5月に東京都内で講演した。国会議員全体に占める女性の比率が3割に達するドイツの現状を紹介。わずか1割の日本と比較し「うらやましい限り」と語った。

 単身渡独したのは38歳の時。きっかけは差別を受けたことだった。日本短波放送(当時)のプロデューサーとして10年目を過ぎたころ、能力給をボーナスに上乗せする制度が始まった。自分だけが支給されなかった。女性は結婚して退職するのが当然の時代。上司から「女性と新人には支…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文681文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです