メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
科学の森

完成10年「きぼう」の成果 日本初の有人宇宙実験棟

「きぼう」の歩みと成果

 地球の約400キロ上空の軌道を周回している国際宇宙ステーション(ISS)に設置された日本実験棟「きぼう」が、今月19日に完成から10年を迎える。日本の有人宇宙開発の核としての歩みや、宇宙飛行士が取り組んだ実験から生まれた成果を振り返った。【野田武、池田知広】

 ●NASAの協力で

 「きぼう」は、微小重力など宇宙の特殊な環境を利用した実験施設として1980年代に構想され、開発が始まった。完成予定は95年だったが、ISSの建設延期や米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル「コロンビア」の空中分解事故(2003年)などの影響で遅れた。宇宙へは、08~09年にスペースシャトルで3回に分けて運ばれた。

 「ISSへ無事着いてほしいと祈るしかなかった」。開発に長く携わった長谷川義幸・宇宙航空研究開発機構…

この記事は有料記事です。

残り1413文字(全文1763文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです