メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

小惑星での巨大衝突特定 隕石分析「ベスタ」で45億年前

小惑星「ベスタ」で45億2500万年前に起こった巨大衝突のイメージ=東京工業大の羽場麻希子助教提供

 地球で見つかる金属と岩石が混じった特殊な隕石(いんせき)は、4大小惑星の一つの「ベスタ」で45億2500万年前に起きた巨大な衝突によって作られたとの分析結果を、東京工業大などの研究チームがまとめた。高精度な年代測定による成果で、東工大の羽場麻希子助教は「隕石や探査機が回収した試料を同様に年代測定することで、太陽系の成り立ちに迫れるのでは」と話す。

 ベスタは直径約525キロで、火星-木星間にある小惑星帯で2番目に質量が大きい小惑星。地球のような天体に成長する途中の「原始惑星」の姿をとどめている。地球と同様に岩石質の地殻、マントル、金属コアといった層状構造を持つとされる。

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです