メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 ジョコビッチ4強

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第9日は10日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス準々決勝で第8シードの錦織圭(日清食品)が4大大会通算20勝の第2シード、ロジャー・フェデラー(スイス)と対戦する。同種目の日本勢として1933年大会の佐藤次郎以来86年ぶりの4強が懸かる。

 第1シードで2連覇を狙うノバク・ジョコビッチ(セルビア)は第21シードのダビド・ゴファン(ベルギー)を6-4、6-0、6-2で降して4強入り。

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです