メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

不正アクセス セブンペイ、手軽さ優先 安全性二の次、被害者憤り

セブンペイを悪用した詐欺未遂事件の構図

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)のスマートフォン決済サービス「7pay(セブンペイ)」が不正アクセスされ、サービスから開始4日で入金停止に追い込まれた。中国の犯罪組織の関与が疑われており、被害は約900人、計約5500万円に上る。利用者のIDやパスワードが盗まれた背景には、顧客や買い物データを得ようと、スマートフォンによるキャッシュレス決済の導入を急いだセブンの対策の甘さが指摘されている。

 「安全性が高いシステムが構築されるまで、セブンのサービスを利用するつもりはありません」。セブンペイの不正アクセスの被害に遭った東京都練馬区の50代男性会社員は、毎日新聞の取材にそう憤った。

この記事は有料記事です。

残り3090文字(全文3385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです