メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

不正アクセス セブンペイ、手軽さ優先 安全性二の次、被害者憤り

セブンペイを悪用した詐欺未遂事件の構図

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)のスマートフォン決済サービス「7pay(セブンペイ)」が不正アクセスされ、サービスから開始4日で入金停止に追い込まれた。中国の犯罪組織の関与が疑われており、被害は約900人、計約5500万円に上る。利用者のIDやパスワードが盗まれた背景には、顧客や買い物データを得ようと、スマートフォンによるキャッシュレス決済の導入を急いだセブンの対策の甘さが指摘されている。

 「安全性が高いシステムが構築されるまで、セブンのサービスを利用するつもりはありません」。セブンペイ…

この記事は有料記事です。

残り3135文字(全文3385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです