セブンイレブンが沖縄で14店オープン、全都道府県に出店 1号店から45年

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブンが11日、これまで全国で唯一空白だった沖縄県に初出店した。那覇市など人口が集中する沖縄本島南部を中心に14店舗が午前7時に一斉にオープンした。沖縄は人口や観光客の増加が続く全国でも数少ない成長市場。セブンは今後5年で250店舗まで拡大する方針で、先行するファミリーマートやローソンとの競争が激化する。

 セブンは1974年の国内1号店の開店から45年でようやく全都道府県での出店を果たした。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文611文字)

あわせて読みたい

注目の特集