メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VW、ビートルの生産を終了 初代から80年の歴史に幕

 メキシコの工場で行われたフォルクスワーゲン「ビートル」の生産終了セレモニー=10日、プエブラ(ロイター=共同)

 ドイツ自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)は10日、小型車「ビートル」の生産を終了したと発表した。ナチス・ドイツの国民車構想に基づいて1938年に初代が誕生して以来、約80年の歴史に幕を下ろした。

     メキシコの工場で生産された最後の1台は、メキシコ国内にあるVWの博物館に収蔵される。

     ビートルは「カブトムシ」を意味する。初代は2150万台が販売され、丸みを帯びた車体は日本人にも親しまれた。現行モデルは「ザ・ビートル」の車名で販売されており、日本では今年、販売を終える予定だ。(共同)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
    2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
    3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
    4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
    5. 太陽の塔、20日から光のイベント 8月25日まで

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです