メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和元年硬貨の打ち初め式 7月中に市中に 大阪・造幣局

天皇陛下即位記念の(左から)1万円金貨、500円硬貨、令和元年の500円硬貨と100円硬貨(上側が表)=大阪市北区の造幣局で2019年7月11日、大西達也撮影

 令和元年硬貨(500円、100円)と、天皇陛下即位の記念硬貨(1万円、500円)の打ち初め式が11日、大阪市北区の独立行政法人造幣局であった。「元年」の年号銘のある通常硬貨は平成元年硬貨以来で、今月中に日銀に引き渡され、市中に出回り始める。

圧印機から次々と出てくる天皇陛下即位記念の500円硬貨=大阪市北区の造幣局で2019年7月11日午後2時48分、大西達也撮影

 式典には麻生太郎財務相、西村泰彦宮内庁次長らが参加。圧印機の起動ボタンを押すと、製造ラインが一斉に動き出し、硬貨が次々に打ち抜かれた。

 記念硬貨の図柄は、1万円硬貨(金貨、直径28ミリ)が鳳凰(ほうおう)と瑞雲(ずいうん)、500円硬貨(2色3層構造、直径26・5ミリ)が高御座(たかみくら)。裏面はいずれも菊花紋章と梓(あずさ)とハマナス。1万円硬貨を5万枚、500円硬貨を500万枚製造する。1万円硬貨は造幣局が通信販売し、11日から3週間、購入申し込みを受け付け、10月以降に発送する。

 通常の500円硬貨は2021年度に刷新され、新たな三つの偽造防止技術が導入される予定。【宇都宮裕一】

天皇陛下即位を記念した1万円金貨のイメージ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです