メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

顧客救済長期化も かんぽ生命不適切営業 調査対象9万件超

不適切営業問題を受け、記者会見の冒頭で謝罪するかんぽ生命保険の植平光彦社長(右)と日本郵便の横山邦男社長=東京都千代田区で2019年7月10日午後4時1分、玉城達郎撮影

 保険の不正販売問題が発覚したかんぽ生命保険は、保険の乗り換えの際などに不利益を被った顧客について、元の契約復元などの対応を本格化させる。調査対象は9万件を超え、個別の対応が必要なことから、完了までには長期間を要することが予想される。

 不正販売を巡り、かんぽ生命は10日に植平光彦社長をトップとする対策本部を設置。本社と直営店約440人態勢で問題となる契約の調査を開始した。

 調査対象は2014年4月以降に保険を乗り換えようとした約9万3000件。元の契約を解約したが新契約…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文694文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです