メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海洋ゴミ?にはまったイルカ やせて衰弱、泳ぎ去る 北海道・紋別沖

リング状の異物がはまったまま泳ぐイルカ=紋別海上保安部巡視船そらち提供

 北海道紋別市の紋別港で、金属製の異物が体にはまったイルカを紋別海上保安部が確認、映像を公表した。撮影後に泳ぎ去ったが、やせていて衰弱していたとみられる。異物は海洋ゴミの可能性もあり、同保安部担当者は「異物が外れず、思うように動けないのかもしれない。ゴミを不用意に捨てないでほしい」と呼び掛けている。

 海保巡視船「そらち」の乗組員が8日午後、港内で発見し、撮影した。日本鯨類研究所に確認したところ、北太平洋に生息するカマイルカだった。好奇心の強さで知られる。異物はリング状で研究器具ではなく、漁具の一部の可能性もあるという。【本多竹志】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  4. 確保の男「パクリやがって」警官に恨み言 京アニ火災
  5. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです