JASRAC、楽曲無断使用の喫茶店と和解 経営者「反省」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
JASRACの本部が入るビル=東京都渋谷区で2019年5月14日、曽根田和久撮影
JASRACの本部が入るビル=東京都渋谷区で2019年5月14日、曽根田和久撮影

 著作権を管理する楽曲を無断使用したとして、日本音楽著作権協会(JASRAC)が甲府市の喫茶店の男性経営者に、使用禁止と著作権料に当たる約6万円の損害賠償を求めた訴訟は11日、甲府地裁(園田稔裁判官)で和解が成立した。男性が2014年1月から今年4月までの使用料を支払い、使用契約も結んだ。

 協会によると、男性は14年1月から使用…

この記事は有料記事です。

残り101文字(全文266文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集