メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

掘削機材がトンネル突き抜け特急と接触 JR長崎線 33本運休

先頭車両の側面が損傷した特急かもめ=JR九州提供

 11日午前10時25分ごろ、長崎市のJR長崎線浦上―現川(うつつがわ)間にあるトンネル(約6キロ)内で、長崎発博多行きの上り特急かもめ16号(6両編成)が走行中に異音を感知し停車した。JRによると、トンネル上で掘削作業していた機材がトンネルの天井を突き抜けて列車と接触したのが原因。乗員乗客158人にけがは…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. ORICON NEWS 翁の能面のような優しい顔…ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」

  4. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです