メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

掘削機材がトンネル突き抜け特急と接触 JR長崎線 33本運休

先頭車両の側面が損傷した特急かもめ=JR九州提供

 11日午前10時25分ごろ、長崎市のJR長崎線浦上―現川(うつつがわ)間にあるトンネル(約6キロ)内で、長崎発博多行きの上り特急かもめ16号(6両編成)が走行中に異音を感知し停車した。JRによると、トンネル上で掘削作業していた機材がトンネルの天井を突き抜けて列車と接触したのが原因。乗員乗客158人にけがは…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです