メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2が採取「黒い地下物質」の秘める可能性 「太陽系の化石」アミノ酸含む期待

 世界で初めて、小惑星の地下物質の採取に成功したとみられる宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」。2度目の着陸で手に入れた地下の物質から期待される成果とは。【池田知広、岩間理紀】

 小惑星は「太陽系の化石」とも言われる。地球のような惑星は誕生時に高温のマグマに覆われて性質が変わっているが、小惑星ではそうした現象が起きていないため、太陽が誕生した約46億年前に近い状態を保持しているとみられるからだ。しかし、太陽からの高エネルギー粒子(太陽風)などで小惑星の表面は日焼けし、風化している。そこで、風化していない地下の岩石を露出させて採取・分析できれば、原始太陽系に存在した物質の謎や、地球上の生命の材料となっている物質の成り立ちに迫れると考えられている。

 中でもリュウグウは黒い天体で炭素に富んでいるとみられ、炭素を主成分とするアミノ酸などの有機化合物の…

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1176文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです