メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セブン、時短営業オーナーに「24時間見直し」提案

 店長が24時間営業をやめた「セブン-イレブン東大阪南上小阪店」=大阪府東大阪市

 セブン―イレブン・ジャパンは11日、24時間営業を巡って本部側と対立していた東大阪市のフランチャイズチェーン(FC)加盟店に対し、時間短縮営業への契約変更を提案した。同店は今年2月から契約を変更しないまま時短営業を続けてきたが、本部側は「店側と話し合いを続けた結果、正式契約を結ぶのが適切との判断に至った」としている。

 同店は「セブン―イレブン東大阪南上小阪店」。オーナーの松本実敏さん(57)が今年2月、人手不足から…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文626文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです