セブン、時短営業オーナーに「24時間見直し」提案

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 セブン―イレブン・ジャパンは11日、24時間営業を巡って本部側と対立していた東大阪市のフランチャイズチェーン(FC)加盟店に対し、時間短縮営業への契約変更を提案した。同店は今年2月から契約を変更しないまま時短営業を続けてきたが、本部側は「店側と話し合いを続けた結果、正式契約を結ぶのが適切との判断に至った」としている。

 同店は「セブン―イレブン東大阪南上小阪店」。オーナーの松本実敏さん(57)が今年2月、人手不足から自身の判断で営業時間を短縮したところ、本部から高額の違約金が発生すると告げられたと公表したことをきっかけに、コンビニエンスストアの24時間営業が社会問題化した。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文626文字)

あわせて読みたい

注目の特集