メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「100点中の1000点」JAXA歓喜再び はやぶさ2地下物質採取

探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに着陸したことを確認し、メンバーと抱き合って喜ぶ津田雄一プロジェクトマネジャー(中央)=相模原市のJAXA宇宙科学研究所の管制室で2019年7月11日午前10時20分ごろ、同研究所提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」が11日、小惑星リュウグウに着陸し、地下物質の採取に挑んだ。はるか2億5000万キロのかなたで、寸分狂いなく計画通りの運用を達成し、津田雄一・プロジェクトマネジャーは「100点満点中の1000点」と成功を喜んだ。

 JAXA宇宙科学研究所(相模原市)の管制室。リュウグウから13分かけて届く電波のデータを見ながら、津田さんは立ち上がって両手を握りしめ、祈るような表情でモニターを見つめていた。

 探査機がリュウグウの微小な重力に任せて自由落下を始めた約1分後。着陸したことを示す、再浮上に転じた…

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1076文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  4. 確保の男「パクリやがって」警官に恨み言 京アニ火災
  5. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです