メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

錦織「勝てると思っている」がフェデラー返り討ち ウィンブルドン

日本人として86年ぶりとなるベスト4進出を逃した錦織圭=2019年7月10日、AP

 テニスの聖地・ウィンブルドンで、4大大会史上最多20回の優勝を誇るフェデラーとの初対決。錦織は男子シングルスで日本人として86年ぶりとなるベスト4入りを目指したが、大会史上最多8回の優勝を誇る「芝の王者」に敗れた。フェデラーに大会通算100勝目となる記念の白星を許し、主役の座には届かなかった。

 錦織は準々決勝について「今までのようなラリーはできない」と速い展開になることをイメージしていた。これまでの対戦成績は3勝7敗と負け越していたが…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文550文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  5. 「事故起こし怖く…」ひき逃げ容疑で28歳会社員逮捕 3カ月乳児死亡 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです