メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代打ノムさんに恐れなして?申告敬遠「打ちたかったね」 ヤクルトOB戦

ヤクルトの球団設立50周年を記念したOB戦で、古田敦也さん(右端)らに支えられながら打席に立ち、バットを構える野村克也元監督(右から2人目)=神宮球場で2019年7月11日、北山夏帆撮影

 プロ野球のヤクルト球団設立50周年を記念したOB戦が11日、神宮球場であり、監督として黄金期を築いた野村克也さん(84)が代打で出場した。

ヤクルトの球団設立50周年を記念したOB戦で、古田敦也さん(右から2人目)らに支えられながら打席に立ち、バットを構える野村克也元監督(中央)=神宮球場で2019年7月11日、北山夏帆撮影

 1990年代に活躍したメンバーによるチームを率いた野村さんは四回、古田敦也さん(53)らに支えられながら登場。2球目を空振りしたが、歴代2位の通算657本塁打の強打を恐れたのか、直後に相手が申告敬遠。野村さんは大歓声を浴びながらベンチへ退いた。

 試合後、「打ちたかったね。久しぶりに」と表情を緩めた野村さん。ヤクルトは現在リーグ最下位に沈んでおり、「何やっているんだ、というのが正直な気持ち」とおなじみのぼやきも忘れなかった。【細谷拓海】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見
  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  4. 10人死亡か 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  5. 京アニのスタジオで火災 1人死亡30人以上けが 男「自分が放火」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです