メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

データで見る囲碁

先手の黒番が有利な囲碁 ハンディの設定が正しいか確認してみた

2018年の国内棋戦結果

 将棋は、プロの公式戦で先手の勝率が52~53%と、先手がやや有利なゲームと言われる。石で囲った陣地の広さを競う囲碁は、先に着手する黒番がそもそも有利なため、白番に「コミ」と呼ばれるハンディキャップを与えてバランスを取っている。コミは国によって異なり、日本では「6目半」。これでバランスは本当に取れているのだろうか? 日本棋院の昨年1年間の公式戦データから検証してみた。【丸山進】

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1032文字)

丸山進

これまで東京学芸部や東京経済部などで取材。現在は学芸部で囲碁、将棋を担当する。以前は放送分野を取材したことも。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです