メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昇任試験問題集

執筆料受領 警視正ら3人懲戒処分 1人は2000万円

 警察庁と17道府県警の警察官らが昇任試験問題集を発行する出版社から問題や解答の執筆料を受け取ったとされる問題で、警察庁は12日、兼業を原則禁止した国家公務員法などに違反したとして、大阪府警の警視正を減給10分の1(3カ月)、東北管区警察学校の警視正(宮城県警から出向)を戒告の懲戒処分にしたと発表した。また地方公務員法に違反したとして熊本県警の警視も戒告の懲戒処分を受けた。3人は辞職した。

 関係者によると、3人は大阪府警刑事部参事官の野田哲治警視正(58)、東北管区警察学校教務部長の斉木弘悦警視正(56)、熊本県警生活安全部理事官の猿渡信寛警視(56)。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文860文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 東京マラソン「大規模イベントに当たらない」 日本陸連、予定通り開催

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです