メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 車いすの部 国枝4強 「駒を1個ずつ」

 テニスのウィンブルドン選手権で11日に開幕した車いすの部男子シングルス初戦で、初優勝を狙う第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)が2016年リオデジャネイロ・パラリンピック金メダルのゴードン・リード(英国)を6-1、6-1で降し、準決勝に進んだ。

 国枝は強敵相手に完勝発進。「こちらが全体的に(試合を)支配できた」と満足げな表情を浮かべた。今年から直線的な軌道で強めのショ…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  2. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです