メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昨今ことば事情

「語彙力辞典」=近藤勝重

 作家の永井龍男氏は、原稿用紙2、3枚のうち同じ言葉を2度使うのは興ざめと無理にでも言葉を選んでいたそうだ。心したいことながら、昨今、そんなことにはお構いなしの文章によく出合う。

 某大学で「文章表現」の授業のお手伝いをしていた際、東京生まれの学生が「自分には故郷がない」と書いて、続く行にも故郷が出てくるので、「古里」か、「生まれ育った土地」に書き直すよう求めた。

 以来、その授業では作文に同じ言葉があると、言い換えるように促したが、「別の言葉が浮かんでこないんです」とぼやく学生もいた。要は語彙(ごい)が乏しいわけで、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の広がりとともに「語彙力辞典」なるものが売れ、話題になっているのも、その表れであろう。

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  3. 大相撲・九重部屋で親方ら5人新たに感染判明 全力士が休場中

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです