連載

シネマの週末・時代の目

毎日新聞デジタルの「シネマの週末・時代の目」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

シネマの週末・時代の目

さらば愛しきアウトロー レッドフォード、軽やかに

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 80代になったロバート・レッドフォードが俳優としての最後の1本に選んだ作品が公開される。実在の人物をモデルにした主人公は、拳銃を撃たずに見せるだけで銀行強盗を成功させてしまう男、フォレスト・タッカー。「明日に向って撃て!」「スティング」をはじめ、レッドフォードの多くの代表作を思い起こさせる人物だ。

 犯罪の手口はあくまでものどかで紳士的、そしてこのアウトローは銀行の窓口係のセリフを借りるなら「幸せそう」な…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集