メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 多言語で仕組み説明 親子対象に高校進学ガイダンス 就学支援金の紹介も /東京

さまざまな言語の通訳を介し、高校入試についての説明を聞く親子ら=文京区の東洋大で

 外国からきた親子に高校進学の仕組みを説明する「多言語高校進学ガイダンス東京」が都内各地で開かれている。都立高校教諭や学習支援のNPOからなる実行委員会の主催で、多様な言語の通訳を手配し、秋までに6カ所で開催。外国からきた子どもにとって困難とされる高校進学の手がかりとする。

 文京区の東洋大白山キャンパスで6月23日に開かれた初回のガイダンスには、10カ国からきた親子176人が参加。言語別に分かれて着席し、通訳を介して熱心に聞いた。

 冒頭で「日本では100人のうち98人が高校に行きます」「仕事に必要な資格の多くは高校を卒業しないと…

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文862文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです