メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 多言語で仕組み説明 親子対象に高校進学ガイダンス 就学支援金の紹介も /東京

さまざまな言語の通訳を介し、高校入試についての説明を聞く親子ら=文京区の東洋大で

 外国からきた親子に高校進学の仕組みを説明する「多言語高校進学ガイダンス東京」が都内各地で開かれている。都立高校教諭や学習支援のNPOからなる実行委員会の主催で、多様な言語の通訳を手配し、秋までに6カ所で開催。外国からきた子どもにとって困難とされる高校進学の手がかりとする。

 文京区の東洋大白山キャンパスで6月23日に開かれた初回のガイダンスには、10カ国からきた親子176人が参加。言語別に分かれて着席し、通訳を介して熱心に聞いた。

 冒頭で「日本では100人のうち98人が高校に行きます」「仕事に必要な資格の多くは高校を卒業しないと…

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 行政ファイル 福山で15人食中毒 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです