メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
リニア中央新幹線

南アルプストンネル工事 「実情理解せず不愉快」 掛川市長、近隣県知事らを批判 /静岡

 掛川市の松井三郎市長は11日の定例記者会見で、JR東海のリニア中央新幹線の南アルプストンネル工事の進捗(しんちょく)状況に関して、近隣県の知事らから開業時期の遅れを懸念する発言が相次いでいることに触れ、「(水資源問題の)実情を理解しない発言は不愉快だ」と批判した。

 松井市長は、市の上水道の9割近くが工事で影響を受ける大井川に頼っていることなどを指摘。源流域での大規模な掘削で毎秒2トンの減水が予想されるとのJRの試算を挙げ、「発言している人はこうした事実を知らないのではないか…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです