メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵本

就学までの準備 ブラジル人向け、日本の習慣紹介 本国漫画家が協力 /滋賀

絵本「日本で就学するまでの準備」のポルトガル語版(右上)と日本語版。家では靴を脱ぐことを説明している=大澤重人撮影

 日本で学ぶ外国籍の子どもたちを支援しているブラジルの国民的漫画家、マウリシオ・デ・ソウザさん(83)のプロダクションが絵本「日本で就学するまでの準備」を作製した。代表作「モニカと仲間たち」のキャラクターを案内役に、家では靴を脱ぐことなどを紹介している。日本にあるブラジルの託児所などに子どもを通わせている保護者に役立ててもらいたいという。【大澤重人】

 日本の幼児教育を体験しないまま公立小学校に入学しても困らないようにと、浜松国際交流協会(浜松市中区)が企画し、食品会社などの協力で完成させた。

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 夜の会食は「宴会ではない」 首相、野党に反論「意見交換」「いけないことなのか」

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 「マスク買えない」の悲鳴も あっという間に消え「ネットで10倍の高額転売」も 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです