メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

損賠訴訟

ネット中傷で賠償命令 長岡京市議選元候補が勝訴 /京都

 2013年の長岡京市議選と15年の同補選で落選した同市の増田真知宇(まちう)さん(42)が、なりすましのブログやインターネットサイトで名誉を毀損(きそん)され選挙活動を妨害されたとして、神戸市の男性に3000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が11日、京都地裁であった。朝倉亮子裁判官は名誉毀損を認め、男性に50万円の支払いとブログなどの削除を命じた。

 判決によると、男性は12~14年、増田さんになりすましてブログやサイトを開設。ブログのプロフィル欄に「生活保護詐欺の真知宇」などと記載したり、誹謗(ひぼう)中傷する内容を書き込んだりした。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 持続化給付金の差し押さえ認めず 「事業継続支えるのが目的」 神戸地裁伊丹支部

  3. 企業の従業員向けバスを「市民の足」に 実証実験スタート 静岡・湖西

  4. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです