メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食探訪

「かふぇレストラン さらい」 さらいのとろプリン 夫妻の優しさ詰まる /奈良

「さらいのとろプリン」をPRする福辻正男さん(右)、祐子さん夫妻。手前は新メニューの「とろプリン氷」=奈良県桜井市のさらいで、広瀬晃子撮影

 桜井市忍阪の「かふぇレストラン さらい」の看板商品は県内産の産みたて卵を使った「さらいのとろプリン」(100グラム、ガラス容器380円、プラスチック容器300円、いずれも税込み)。濃厚でとろりとした食感が人気で「大和さくらいブランド」にも認定されている。【広瀬晃子】

 元公務員の福辻正男さん(61)と橿原神宮の元巫女(みこ)、祐子さん(54)夫妻が営む店。屋号は「桜井」から「く(苦)」を抜いて命名した。正男さんは県立奈良医大の調理師として二十数年にわたり入院患者の食事を作ってきたが、退職後の2013年に長年の夢だった自分の店をオープン。店で…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文684文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. あなたの参院選 後期高齢者に「仕送り」35万円 給与天引きで自覚薄く
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです