メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

児童の生活、雑巾で支援 岡山のボランティア団体、昨年から計1000枚 真備・川辺小に贈る /岡山

岡山県川辺小の本多卓郎校長(左)にボランティアが縫った雑巾を贈るぞうきんプロジェクトの白井崇裕代表(右)ら=白井代表提供

 昨年7月の西日本豪雨で被災し、プレハブ校舎で授業を続ける倉敷市真備町地区の市立川辺小学校(同市真備町川辺、本多卓郎校長)にこのほど、生徒が使うための雑巾300枚が贈られた。岡山市のボランティア団体「ぞうきんプロジェクト」(白井崇裕代表)が昨年9月から寄付を始め、今回で計1000枚となった。

 川辺小は校区の大半が浸水。児童約280人の半…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです