連載

本明川の鳥たち

長崎県諫早市内の中心街を流れる本明川は、市民だけでなく鳥たちにとってもオアシスだ。川沿いを歩いて、出くわした野鳥を紹介する。

連載一覧

本明川の鳥たち

ホオジロ 一心不乱、響く歌声 /長崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
枝先でさえずるホオジロ=長崎県諫早市で足立旬子撮影
枝先でさえずるホオジロ=長崎県諫早市で足立旬子撮影

 諫早市栄田町の本明川沿い。電線や枝先など高い場所で一心不乱に歌う鳥がいる。スズメより少し小さく、顔には白と黒の模様。ホオジロだ。時には餌の昆虫をくわえて辺りを見回していることもある。

 野鳥の鳴き声を人の言葉に例えて表現することを「聞きなし」と呼ぶが、日本野鳥の会県支部の寺島正彦さん(64)によると…

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文308文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集