メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

再着陸成功 地下物質採取 「太陽系の歴史、手に」

探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウへの着陸とほぼ同時に撮影した画像=2019年7月11日(JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」が11日午前10時6分、小惑星リュウグウに作った人工クレーター付近にピンポイント着陸した。狙い通り、クレーター作製時に飛散した、地下の風化していない岩石の採取に成功した可能性が高い。津田雄一・プロジェクトマネジャーは記者会見で「私たちは太陽系の歴史のかけらを手に入れた」と成功を宣言した。

 小惑星などの小天体で地下の物質を採取できたのは世界で初めて。着陸は表面の岩石を採取した今年2月に続き2回目で、小惑星での主な任務はこれで全て成功裏に終えたことになる。

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです