メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昇任試験問題集

執筆料受領、警視正ら処分 全国10人超

 全国の複数の警察幹部らが、昇任試験の問題集を発行する出版社からの依頼で問題や解答を執筆し、現金を受け取ったとして処分されることが警察関係者への取材で明らかになった。減給などの懲戒処分に加え、懲戒には至らない「監督上の措置」(訓戒など)も含めると対象者は10人以上に上る見通し。公務員の兼業は原則禁止され、認められる場合でも上司の許可が必要になるが、いずれも許可を得ていなかった。警察庁は12日にも具体的な処分内容を公表する方針。【佐々木洋】

 懲戒処分を受けるのは、大阪府警や宮城県警の警視正など。警視正以上は国家公務員のため国家公安委員会が、警視以下は各県警などが処分する。

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1177文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです