メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昇任試験問題集

執筆料受領、警視正ら処分 全国10人超

 全国の複数の警察幹部らが、昇任試験の問題集を発行する出版社からの依頼で問題や解答を執筆し、現金を受け取ったとして処分されることが警察関係者への取材で明らかになった。減給などの懲戒処分に加え、懲戒には至らない「監督上の措置」(訓戒など)も含めると対象者は10人以上に上る見通し。公務員の兼業は原則禁止され、認められる場合でも上司の許可が必要になるが、いずれも許可を得ていなかった。警察庁は12日にも具体的な処分内容を公表する方針。【佐々木洋】

 懲戒処分を受けるのは、大阪府警や宮城県警の警視正など。警視正以上は国家公務員のため国家公安委員会が、警視以下は各県警などが処分する。

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1177文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです