メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

不正輸出摘発4年156件 適切な管理主張 日本は脆弱さ指摘

 日本政府による韓国向け半導体材料の輸出規制強化措置を巡り、韓国の産業通商資源省幹部は11日、記者会見で「韓国の戦略物資が北朝鮮を含む国連安保理決議による制裁対象国に流出した事例はない」と、過去約4年間で156件の不正輸出摘発の統計を示しながら輸出管理や統制が適切に行われていると強調した。

 会見は朴泰晟(パクテソン)貿易投資室長が行った。12日に東京で予定されている輸出規制問題を巡る日韓実務協議を前に、日本側が規制強化の背景に「韓国側に輸出管理を巡る不適切な事案もあった」と指摘していることに反論した形だ。また、韓国政府は政府高官をワシントンに派遣するなど米国に仲介を求める動きも活発化させている。

 産業通商資源省が公表した統計資料によると、2015年から19年3月までに大量破壊兵器などの製造に転…

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1174文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

  5. ORICON NEWS ジオラマで表現したいのは『機動戦士ガンダム第08MS小隊』の“泥臭さ”、「ザクが最も輝くのは裏方の役回り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです