乳がん

増大、自律神経関与 新治療法開発に期待 岡山大チーム

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 乳がんの増大や転移に、生命維持に重要な呼吸器や循環器などの活動をコントロールする自律神経が深く関与しているとする研究結果を、岡山大や国立がん研究センターなどのチームが英科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」(電子版)で発表した。抗がん剤など一般的な治療が効かないがんに対し、遺伝子治療などで自律神経を操作して、がんを抑制する新しい治療法の開発が期待される。

 自律神経は、脳からの指令を内臓や血管などに伝える末梢(まっしょう)神経の一種。活動的になる交感神経と、リラックスさせる副交感神経からなる。慢性的なストレスががんを進展させる可能性は示唆されていたが、がん組織に自律神経が入り込み、どう影響しているかはあまり分かっていなかった。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文566文字)

あわせて読みたい

注目の特集