メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

証明したおもてなし=西川恵

 <kin-gon>

 大使公邸の料理人は「招宴外交」の縁の下の力持ちというべき存在だ。料理を通して大使と客人の会話をスムーズにし、その国の外交を側面から支える。レストランの人気料理人と違い脚光を浴びることはないが、駐日ベルギー大使公邸のサミュエル・アルベール氏(30)は最近、時の人になった。

 フランス人料理人の同氏は3年前に来日。東京都内のレストランで働いていた時、縁あってベルギーのギュンテル・スレーワーゲン駐日大使にスカウトされ、公邸の厨房(ちゅうぼう)で働くようになった。その彼が5月、仏・ベルギー共同制作のテレビ番組「トップ・シェフ」で優勝した。

 かつて日本にあったテレビ番組「料理の鉄人」を大掛かりにしたこの番組は、新進気鋭の若手から熟年シェフ…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文1034文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです