メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

証明したおもてなし=西川恵

 <kin-gon>

 大使公邸の料理人は「招宴外交」の縁の下の力持ちというべき存在だ。料理を通して大使と客人の会話をスムーズにし、その国の外交を側面から支える。レストランの人気料理人と違い脚光を浴びることはないが、駐日ベルギー大使公邸のサミュエル・アルベール氏(30)は最近、時の人になった。

 フランス人料理人の同氏は3年前に来日。東京都内のレストランで働いていた時、縁あってベルギーのギュンテル・スレーワーゲン駐日大使にスカウトされ、公邸の厨房(ちゅうぼう)で働くようになった。その彼が5月、仏・ベルギー共同制作のテレビ番組「トップ・シェフ」で優勝した。

 かつて日本にあったテレビ番組「料理の鉄人」を大掛かりにしたこの番組は、新進気鋭の若手から熟年シェフ…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文1034文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです