メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

米中貿易戦争、長期化か 国際貿易体制の再建を=中井正裕(北米総局)

首脳会談で握手を交わすトランプ米大統領(左)と中国の習近平国家主席=大阪市で6月29日、ロイター

 大阪市で開かれた主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に合わせ、トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は6月29日に首脳会談を開き、お互いに追加関税の拡大を見送る「一時休戦」で合意した。通商協議を再開するものの、具体的な成果は乏しい。スタンドプレーに走るトランプ氏の不規則な言動に目を奪われがちだが、その主張は米国の保守層の不満に深く根ざしたものだ。国内企業を過度に優遇する政策で世界市場の支配を狙う中国への不満は容易に解消せず、貿易戦争は長期化する可能性が高い。

この記事は有料記事です。

残り1802文字(全文2038文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  4. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです