メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集

紙面もネットも「デジタル毎日」 外出先でもデジタル紙面

[PR]

 都市対抗野球や参議院選挙など、今夏は大きなイベントが続きます。ニュースを早く深く知るために便利なのが毎日新聞の「デジタル毎日」。宅配購読者の方が会員登録をすると、追加料金なしで新聞をデジタル紙面で読むことができます。また、ウェブでしか読めない独自の記事もあります。会員登録をして「デジタル毎日」の各種記事をお楽しみください。

    政治・経済・医療プレミアも 宅配読者は読み放題

     ■メールアドレスで登録

     会員登録がまだの方は、左記事の「サイトで簡単登録」を参考に、メールアドレスを「毎日ID」として「宅配購読者無料プラン」にご登録ください。毎日IDは最大5台まで同時に使えます。登録が済んだらパソコンの場合、ニュースサイト右上の「ログイン」の文字をクリックし、毎日IDでログインしてください。

     新聞をデジタル紙面で読む場合、画面上部の青い帯の右端にある「デジタル紙面」をクリック。上から朝刊、夕刊、日曜版、号外、全国の地域面などが並んでいます。画像や各都道府県名をクリックするとデジタル紙面(朝夕刊は1週間分)が開きます。地域面は、沖縄を除く46都道府県の当日の紙面が楽しめます。

     上部のメニューバーで文字の大きさを自分好みに調整できます。下段の「次へ」「前へ」をクリックして新聞を繰るようにページを選べます。そのヨコの丸を左右に動かしてページを選ぶことも可能です。紙面の印刷もできます。

     ■スマホはアプリで

     スマートフォン(スマホ)やタブレットで紙面をお楽しみいただくためには「App Store」か「Google Playストア」で専用アプリ「毎日ビューアー」を検索して、ダウンロードしてください。専用アプリ独自の機能もあります。メニュー表示から紙面一覧や、記事一覧を見ることが可能です。「お気に入り」に単語を登録して記事一覧を開くと、登録した単語を含む記事が色付けされます。また、記事を選んでスクラップをすることもできます。

     アプリで紙面を事前にダウンロードしておけば、外出時などインターネットに接続できない環境でも、デジタル紙面をお楽しみいただくことが可能です。

     紙面をデジタルで読むだけではなく、ウェブのみに掲載されている豊富な独自記事も読むことができます。「政治プレミア」「経済プレミア」「医療プレミア」は、各界の専門家や専門記者が執筆。質の高い情報をお届けしています。宅配購読者は読み放題です。

     ■500円プラスでより充実

     また、新聞購読料に加えて500円(税別)をお支払いいただくとより充実したサービスが受けられる「宅配購読者プレミアムプラン」があります。「ウォール・ストリート・ジャーナル」や「サンデー毎日」「週刊エコノミスト」のデジタル紙面、旅行の割引やお得なサービスが豊富な「トクトクプレミア」がご利用できます。


    今年もやります「都市対抗ライブ」 全35試合無料配信

    栄光の黒獅子旗を今年手にするのはどのチームか(写真は第89回大会で優勝を決め、喜ぶ大阪市・大阪ガスの選手たち)=東京ドームで2018年7月24日、長谷川直亮撮影

     社会人野球真夏の祭典「第90回都市対抗野球大会」(毎日新聞社、日本野球連盟主催)が13日、東京ドームで開幕します。毎日新聞では今年も、公式サイト(https://mainichi.jp/ama-baseball/kurojishi/)で開幕ゲームから決勝戦まですべての試合を無料でライブ中継します。スマホ・タブレットやPCを使い、ご自宅やお出かけ先などさまざまな場所で、熱戦をお楽しみいただけます。

     節目の90回目を迎える今大会は、参加チームが通常より4チーム増えています。北海道から九州まで全国各地区の予選を勝ち抜いた35チームに、推薦出場する前回優勝の大阪ガス(大阪市)を加えた計36チームが、ナンバーワンの証しである「黒獅子旗」を争います。

     13日午後2時からの開幕ゲームでは2年ぶり3回目の出場を果たしたきらやか銀行(山形市)と4年連続53回目出場の名門・パナソニック(門真市)が対戦します。宮崎梅田学園(宮崎市)とシティライト岡山(岡山市)の初出場2チームは、大会第2日の14日午後2時開始予定の第2試合に登場。ドーム初白星を懸け早くも激突します。

     今回で3回目となる毎日新聞の公式サイトでの全試合ライブ中継は、「毎日ID」をお持ちかどうかにかかわらず無料で視聴が可能です。試合の途中経過をリアルタイムでお伝えするテキスト速報も1打席ごとに更新します。「都市対抗の華」とも言えるスタンドでの熱のこもった応援は企業のカラーや地域色も豊か。「写真特集」で、随時お伝えしていきます。

     各チームの地元の地域面で掲載された連載企画など、毎日新聞ならではの記事や写真も盛りだくさん。充実したコンテンツで、出場チームの情報をチェックしながらインターネットを通じて観戦していただけます。都市の名誉を懸けた熱戦にどうぞご期待ください。


    サイトで簡単登録

     紙の新聞とデジタルを両方楽しむためには「宅配購読者向けのプラン」にご登録ください。パソコン(PC)、タブレット、スマホのいずれでも簡単に手続きできます。

     毎日新聞のニュースサイト(https://mainichi.jp/)の画面右上にある「デジタル毎日申し込み」の文字をクリックし=写真<1>、開いた「デジタル毎日総合案内」ページで右下の「デジタルと紙の新聞両方楽しみたい方はこちら」=同<2>=から、無料プランかプレミアムプランかを選択して、「お申し込みはこちら」に進んでください=同<3>。毎日IDをお持ちの方はログインして、まだの方は「毎日IDを登録」画面=同<4>=にメールアドレスとパスワードを入力して、登録ボタンをクリックし、手続きを進めてください。

     ※ヤフー、フェイスブック、グーグルのアカウントでもそれぞれの登録ボタンから申し込みができます。

     タブレットやスマホの方は、二次元コードから「デジタル毎日」案内ページにアクセスできます。

    お問い合わせは

    愛読者センター  0120・949・528

    携帯電話・PHS 050・5855・1410

    平日午前10時~午後5時(土日祝日は除く)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

    2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

    4. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

    5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです