メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

お願い!そろえて! 割れる税率、駄菓子屋困惑

駄菓子の中でも、中央にある容器が方位磁石としても使えるチョコレートは軽減税率が適用されず10%。一方、ボトルの容器の商品は8%のままという=横浜市西区のパシフィコ横浜で、大村健一撮影

食後にも使えるなら…容器がステッキ形のチョコ→8%、容器が方位磁石のチョコ→10%

同じ「おまけ」付きだけど…ビックリマンチョコ→8%、プロ野球チップス→10%

 10月の消費税増税で、駄菓子に逆風が吹いている。食品は軽減税率が適用されて税率8%のままだが、一部の駄菓子は10%に上がるためだ。混乱を避けるため10%の商品の撤去を検討する小売店も出始めたといい、メーカーからは「税率を一本化してほしい」との声が上がっている。【大村健一】

 「『なぜこれが8%なのに、これは10%なのか』と客に聞かれても、店員は複雑すぎて答えられない。10…

この記事は有料記事です。

残り1312文字(全文1578文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです