メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

お願い!そろえて! 割れる税率、駄菓子屋困惑

駄菓子の中でも、中央にある容器が方位磁石としても使えるチョコレートは軽減税率が適用されず10%。一方、ボトルの容器の商品は8%のままという=横浜市西区のパシフィコ横浜で、大村健一撮影

 10月の消費税増税で、駄菓子に逆風が吹いている。食品は軽減税率が適用されて税率8%のままだが、一部の駄菓子は10%に上がるためだ。混乱を避けるため10%の商品の撤去を検討する小売店も出始めたといい、メーカーからは「税率を一本化してほしい」との声が上がっている。【大村健一】

 「『なぜこれが8%なのに、これは10%なのか』と客に聞かれても、店員は複雑すぎて答えられない。10月以降のそうしたトラブルを見越して『10%の菓子は置かない』と話す小売店も出てきた」。大阪府内の老舗駄菓子メーカーの男性取締役はため息をついた。

 税率の判断はメーカーに委ねられており、同社は税務署などと検討を重ね、ステッキ形容器入りのチョコレート菓子は8%、容器が方位磁石になっているチョコレートや、笛としても使える容器に入ったガムは10%とした。ラムネ菓子「ミニコーラ」などで知られるオリオン(大阪市)も、プラスチック製のマイク形の容器にチョコレートを詰めた商品は10%だ。

この記事は有料記事です。

残り1153文字(全文1578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 「どんな思いで亡くなられたのか」めぐみさんの同級生、声を詰まらせ 横田滋さん死去

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです