メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライチョウ

ひな全滅か 長野・中央アルプスの5羽

中央アルプスで半世紀ぶりに確認されたライチョウの雌とふ化したひな=2日(環境省提供)

 環境省は11日、長野県の中央アルプスで1日にふ化が確認された絶滅危惧種ニホンライチョウの5羽のひなが、全て死んだ可能性があると明らかにした。生息地復活を目指す初の試みとして、中央アルプスに1羽だけ生息する雌にほかの個体の有精卵6個を温めさせて生まれた5羽だった。担当者は「悪天候による衰弱か天敵による捕食が考えられる。残念で悲しい」と話した。

 環境省信越自然環境事務所(長野市)によると、11日午前10時45分ごろ、巣から約400メートル離れ…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文485文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  4. 確保の男「パクリやがって」警官に恨み言 京アニ火災
  5. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです