メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

企業保育所、審査抜け穴 架空工事写真で1億円 福岡の会社、助成金受給

 企業主導型保育所の開設資金名目で金融機関から1億円超をだまし取ったとして、福岡市のコンサルティング会社社長ら3人が東京地検特捜部に逮捕された事件で、この会社が関わる全国の7保育所が助成金受給の決定を受けながら開園していないことが、関係者への取材で判明した。少なくとも2億円程度が既に助成されたとみられる。架空の工事写真を基に助成された例もあり、設置審査の甘さが指摘される企業主導型保育所の課題が改めて浮き彫りになった。【平塚雄太、野田樹】

 企業主導型保育所は主に企業が従業員向けに設ける無認可の保育所で、地域向けに開放された保育所もある。助成金は事業主の拠出金が基になっており、「児童育成協会」(東京都)が国から委託されて審査し、開設を認めれば助成する。

この記事は有料記事です。

残り1567文字(全文1895文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペナルティのワッキーさん、中咽頭がん治療のため一時休養

  2. ORICON NEWS ペナルティ・ヒデ、中咽頭がん公表の相方・ワッキーに言及「前向きに治療に専念致します」

  3. 新型コロナ 安中の感染女性、ヨコオ工場勤務 /群馬

  4. アーモンドアイ「8冠」ならず 国枝調教師「ため息しか出ない」 優勝はグランアレグリア GⅠ安田記念

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです